【JSSEC】アンケート調査から見えた、コロナ禍におけるテレワークとセキュリティの状況から今後の対応を考える

当セミナーは終了しました。

コロナ禍において緊急事態宣言が発令されたことにより外出が制限され、多くの企業が準備期間に余裕がない中で急遽テレワーク(在宅勤務)などを強いられた。一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、その実態を把握すべく「テレワーク状況とセキュリティに関するアンケート調査」を実施。本講演では、その調査結果から、テレワークの導入をした結果、セキュリティ対策について考慮すべき状況が見えてきた点を解説する。

同協会では、このアンケートの結果を公開することで、今後のウィズコロナでの対応に本腰をいれていくにあたり、改めて注意を促す。同時に、既に同協会から公開しているガイドラインなども理解してもらうことで、今後の事業推進に役立てて欲しいと考えている。

アンケートから見えた、様々な課題

 

『テレワーク状況とセキュリティに関するアンケート調査』は、(1)「一般有業者の新型コロナウイルス感染症の影響によるテレワーク(在宅勤務)の状況について把握する」、(2)「テレワーク(在宅勤務)時のネットワーク接続環境や認証の方法など、テレワーク中に利用しているシステム、機密情報の扱い方や機密情報の保管場所、情報セキュリティなどについて把握する」――ことを目的に2020年5月に実施した。
具体的な質問内容は、テレワーク(在宅勤務)の実施有無、テレワーク実施のきっかけ、利用端末、テレワーク時のネットワーク接続環境や認証の方法など、テレワーク中に利用しているシステム、機密情報の扱い方や機密情報の保管場所、情報セキュリティなどに関する状況などである。
アンケート結果から、今回の新型コロナウイルス感染症の拡大を機に緊急的にテレワークを実施した回答者が半数を超える結果となり、セキュリティ対策について考慮すべき課題が散見されることがわかった。特にテレワークや在宅勤務をセキュリティ目線で調査すると、利用者とシステム管理者との意識のギャップがあらわれたことが特徴である。

 

この講演により、アンケートから見えた課題を理解し、今後の新たな生活様式への対応における着目点について学んでほしい。

また、テレワークの実施までに準備時間がかけられなかったことが背景になり、BYOD(Bring Your Own Device)端末の利用も多いと見込まれる。そういったケースには同協会から既に公開されている『スマートフォン&タブレットの業務利用に関するセキュリティガイドライン』【第二版】などが参考になる。
https://www.jssec.org/dl/guidelines_v2.pdf
こちらについての解説も押さえておくべき要件であろう。
今後、ウィズコロナ、アフターコロナにおける対応を行っているシステム管理者の方には必聴の講演といえよう。

参加申込

講演詳細

 
講演タイトル「コロナ禍におけるテレワーク状況とセキュリティに関するアンケート調査と今後の対応」
講演団体:一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会
登壇者:一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会
PR 部会 副部会⾧ 小椋 則樹(おぐら のりき)

利用部会 副部会⾧ 松下 綾子(まつした あやこ)

日 程:2020年 9月2日(水)10:00〜10:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料:お申し込みは当日9月2日の10:00までとさせていただきます

申込み:こちらよりお申込みください
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

登壇団体概要:一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会

2011年5月 設立され、2012年4月に法人化された日本スマートフォンセキュリティ協会は、個人ならびにビジネス分野でのスマートフォンの普及、利活用が進む一方、さまざまなセキュリティ上の課題に直面しており、それらを解決し安心安全な普及促進を目指しています。今やスマートフォンなどの社会と人を繋ぐという重要な役割を果しています。これまでのスマートフォン自体の安心安全な利活用における普及啓発をはじめ、その先のクラウド、IoTや未来にあるICTの安心安全な普及啓発を行ってまいります。

参加申込