【JNSA】「ハンコを押しに出社? 働き方改革を阻害しないためのノウハウ伝授」 ――ジャパンセキュリティサミット2020ー

当セミナーは終了しました。
2020年4月7日、コロナ禍において、我が国でも緊急事態宣言が発令された。しかし、「ハンコを押すために会社に出社しなければならない」と多くの企業で在宅勤務が見送られてしまっていた。業務によってはテレワークは難しいこともあろうが、ハンコを押すために、時間をかけ、交通費をかけて会社に向かう。

今後も長引くコロナ禍において、解決すべくソリューションの一つが電子署名や電子契約と考えられる。

 

この講演では、電子署名に2000年から取り組む日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)電子署名ワーキンググループが、過去から現在さらには今後の取り組みについてノウハウを含めて紹介する。具体的には電子署名に関する国際標準化や電子署名の生成・検証に関わる技術仕様の検討、電子署名の保証レベルの検討などについて紹介する。

ハンコの電子化や電子契約を検討している企業。電子政府の推進を検討している省庁の方々やSIerなど多くの皆さんが学べる内容である。
是非参加して、事業の効率化に役立てて欲しい。

参加申込

講演詳細

講演タイトル「ハンコを押しに出社? 働き方改革を阻害しないためのノウハウ伝授」
講演団体:NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)
登壇者:NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)電子署名WGリーダー・宮崎一哉(みやざきかずや)氏

日 程:2020年 9月11日(金曜)11:00〜11:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料:お申し込みは当日9月11日の11:00までとさせていただきます
お申込み:こちらよりお申込みください
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

登壇団体概要:NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)
NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)電子署名WGは、社会インフラとしてインターネットを中心に情報ネットワーク社会が形成されていく中で、必要不可欠のものになっていくネットワーク・セキュリティの中でも「信頼の基盤」を提供するための重要な技術である「電子署名」関連技術の相互運用性確保のための調査、検討、標準仕様提案、相互運用性テスト、及び電子署名普及啓発を行う組織です。

参加申込