【ラック】LACの情報モラル・リテラシー啓発の取り組み事例~「情報リテラシー啓発のための羅針盤」の活用を踏まえて~ ジャパンセキュリティサミット2020 オンライン無料セミナー

当セミナーは終了しました。
このセミナーの詳しい情報は、ラックの展示ブースでご紹介しております。
カタログのダウンロードも可能です。
是非こちらからご確認ください。

大手の企業や行政では、事業継続や扱う情報の保護のため、多くのコストをかけてサイバー攻撃に備え、サイバーセキュリティの確保をしている。また、スマホの普及や昨今のコロナ感染症拡大の影響もあり、国民全体がICTを利用し、世界中がインターネット技術でつながるようになった。

サイバー攻撃は防御の弱いところをついて防御を破ろうとしてくる。そのため、一人ひとりのネットの使い方や機器の扱い方や意識が向上しないと、そこが弱点になり攻撃の対象になる。企業など特定の組織を守るだけでなく、個人レベルのセキュリティ意識や対策を向上させる必要があるのだ。

そこで、ラック サイバー・グリッド・ジャパンでは、「サイバーセキュリティは全員参加」を実現するための啓発が必要と考え、様々な情報モラルや情報リテラシー啓発の取り組みを実施してきました。そのような活動の中で、情報リテラシー啓発のための指南書として「情報リテラシー啓発のための羅針盤(コンパス)(以下「羅針盤」)」を2019年3月に公開した。ラック サイバー・グリッド・ジャパンのこれまでの実践結果を基に、情報リテラシーに関するインシデントについて啓発を行う際の指針を整理した指南書である。

「羅針盤」は他の啓発コンテンツにはない以下の特徴を兼ね備えている。
(1)発生し得るトラブルなどの事象(インシデント)を3分類、37項目で整理し、調べやすい形で構成
(2)様々な世代や立場の情報リテラシー啓発に対応
(3)学術的根拠および法教育の視点に基づいた監修を実施

サイバー上の様々さまざまなトラブルや事象についての知識水準をレベル分けし、未就学児から一般成人、さらには教育関係者や保護者といった立場別に、どのレベルまで知識を習得しておく必要があるかといった啓発目標を示している。また、学術的根拠としてデジタル技術を適切に活用するために必要な理論や実践結果を網羅的に兼ね備え、特に法知識の向上(法教育)の視点から主な関係法令や罰則、その影響度などについても触れるなど、これまでの啓発コンテンツにはない視点を盛り込んでいる。

これらの特徴により、様々な世代や立場において必要な情報リテラシーを身に付けていただくことが可能となっている。本オンラインセミナーでは、この「羅針盤」の特徴や活用事例について紹介し、「サイバーセキュリティは全員参加」の実現への道筋を明らかにする。

コロナ禍において「新しい生活様式」が進められる中で、テレワークの推進やオンライン学習も開始され、国民全てが様々なサービスを使い常にオンラインでつながっている時代になった。今後は、今まで以上に情報リテラシーやサイバーセキュリティ対策スキルを身に付け、情報を活用していく力が必要になってくる。ラック サイバー・グリッド・ジャパンでは、2020年下期に情報活用に主眼をおいた「羅針盤 情報活用編」のリリースも予定しており、 ICTを活用していく中で発生するインシデントを網羅・整理した既存「羅針盤」と、新たに公開する「情報活用編」を連携して利用することで、情報リテラシーにおける光(情報活用)と影(インシデント)の両側面をバランスよく啓発することを可能にする。

本オンラインセミナーは、特に「情報リテラシー啓発を自ら実践してみたい」「業種・職種・企業を問わず、社内の情報リテラシー教育・研修に困っている」「保護者の立場で、子どもやや高齢者と一緒に情報リテラシーを学びたいと考えている」といった方々に聴講いただくことで、国民一人ひとりのサイバーセキュリティ対策のレベル向上に貢献するだろう。

参加申込

講演詳細

講演タイトル:『LACの情報モラル・リテラシー啓発の取り組み事例~「情報リテラシー啓発のための羅針盤」の活用を踏まえて~』
講演団体:株式会社ラック
登壇者:株式会社ラック サイバー・グリッド・ジャパン ICT利用環境啓発支援室 チーフ 清水 将人(しみず まさと)氏

日 程:2020年 9月8日(火曜日)10:00〜10:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料:お申し込みは当日9月8日の10:00までとさせていただきます
お申込み:こちらよりお申し込みください
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

登壇団体概要:株式会社ラック

ラックはセキュリティ対策のリーディングカンパニーです。大手企業・官公庁向けに、コンサルティング、診断、監視・運用など、高い技術を持つエンジニアがサービスを提供します。提供分野は、セキュリティソリューションサービス、システムインテグレーションサービス、情報システム関連商品の販売・サービスにおよびます。独立系ITベンダーとして30年以上の長い歴史を持ち、大手銀行・地銀や大手保険会社など、金融機関向けの基盤システムやITインフラの開発にも携わってきました。ラックは、トップレベルのセキュリティ技術を駆使したITトータルソリューションにより、豊かで安全な未来づくりに貢献します。

参加申込