【ラック】ポストコロナ、5年後のネットワークを形作るゼロトラスト・アーキテクチュアについて学ぶ――ジャパンセキュリティサミット2020オンラインセミナー

当セミナーは終了しました。
このセミナーの詳しい情報は、ラックの展示ブースでご紹介しております。
カタログのダウンロードも可能です。
是非こちらからご確認ください。

Withコロナ、そしてポストコロナの時代を迎えるに当たり、テレワークや在宅勤務をはじめとした大きなワークスタイルの変化が急拡大している。なりすましメールや、パソコンなどのクライアント端末のウイルス感染といった従来のサイバー攻撃は依然として増加傾向にあり、その上さらにワークスタイルの変化よるサイバーリスクも生じてきているのである。

コロナ対応による急速なテレワークや在宅勤務へのシフトは、サイバーリスクへの対策が手薄なIT機器を業務で使う状況を生み出した。自宅などのオフィス外からIT機器を利用すると、サイバー攻撃への防御が弱く、マルウェアの侵入を完全に防ぐことが困難だからだ。そして、マルウェア感染に気付かず周囲に感染を広めてしまったり、感染発覚後に適切な対応を取れず被害を拡大させてしまったりすることで、被害が拡大してしまう。こうした状況は、リアルの世界のコロナ禍が社会を揺るがす大きな脅威となっていることと類似点も多く、サイバーリスクの危険性を自分ごととして感じられるようになってきている。

こうした状況で、今後の企業や官公庁のシステムには、これまで以上にデジタルトラストを意識したネットワークが求められる。ラックでは、今後のセキュリティを確保したネットワークを構築するために、「テレワークセキュリティ」と「ゼロトラスト・アーキテクチュア」の2つのソリューションを柱にユーザーを支援する。自宅などオフィス外からIT機器を使って社内システムに接続するテレワークが常態化する時代に対応し、テレワークセキュリティでネットワークやシステムの安全を確保する。またテレワークが状態化することは、「安全な内部」と「危険な外部」の境界で防御する従来型のセキュリティ対策では守りきれないサイバーリスクが増加することを意味する。すべてのものが信頼できないとの前提の元でセキュリティ対策を施す、新たなネットワークの考え方のゼロトラスト・アーキテクチュアによる守りも今後は重要性が高まる。

本オンラインセミナーでは、ラックが考える今後のセキュリティとネットワークについて、テレワークセキュリティとゼロトラスト・アーキテクチャを中心にして考え方を解説する。このセミナーを受講して、5年後の世界に向けたセキュリティとネットワークの在り方についてラックと一緒に考えることをお勧めする。

参加申込

講演詳細

講演タイトル:『ポストコロナ、5年後のネットワークを形作るゼロトラスト・アーキテクチュア』
講演団体:株式会社ラック
登壇者:株式会社ラック セキュリティプロフェッショナルサービス統括部 デジタルペンテストサービス部
部長 仲上竜太(なかがみ りゅうた)氏

日 程:2020年 9月11日(金曜日)17:00〜17:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料
お申込み:こちらよりお申し込みください
お申し込みは当日9月11日の17:00までとさせていただきます
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

登壇団体概要:株式会社ラック

ラックはセキュリティ対策のリーディングカンパニーです。大手企業・官公庁向けに、コンサルティング、診断、監視・運用など、高い技術を持つエンジニアがサービスを提供します。提供分野は、セキュリティソリューションサービス、システムインテグレーションサービス、情報システム関連商品の販売・サービスにおよびます。独立系ITベンダーとして30年以上の長い歴史を持ち、大手銀行・地銀や大手保険会社など、金融機関向けの基盤システムやITインフラの開発にも携わってきました。ラックは、トップレベルのセキュリティ技術を駆使したITトータルソリューションにより、豊かで安全な未来づくりに貢献します。

参加申込