【バイエルン州駐日代表部】サイバーセキュリティとデータ保護の高品質なソリューションで日独連携の価値を高めよ――ジャパンセキュリティサミット2020オンライン無料セミナー

EU・米国間の個人データ移転に関する「プライバシーシールド」の無効判決(いわゆる「Schrems II」事件)や、動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」をめぐる児童プライバシー保護法違反に関する裁判が話題になった。これは顧客が安心して利用できる高品質なソリューションの必要性が高まっていることを意味する。さらに、日本EU間自由貿易協定が実現した現在、サイバーセキュリティとデータ保護が最重要課題となっており、取り組みの本格化が求められている。

実際、「何かあった場合の賠償責任リスクを考えると、GDPR(EU一般データ保護規則)を遵守している事業者としか取引できない」という企業も増えてきている。このように、高品質なサービスを求める「新たな市場」が生まれているわけだ。これは、日本企業にとっても、またドイツ企業にとっても、見逃してはならないチャンスとなる。

EUと日本は安全なデータ移動を、2019年の「十分性認定」に従って行ってきた。一方、冒頭で紹介したように、2020年7月にはEUと米国間で「プライバシーシールド」が無効と判定された。このような状況は、ITセキュリティとデータ保護について日独協力をする良いタイミングと思われる。日本とドイツの企業は、顧客が安心して利用できるような、より高品質なソリューションで勝負をかけることが望ましい。

ドイツ・バイエルン州と日本間の経済・科学技術分野の懸け橋となるバイエルン州駐日代表部は、日本の関係各位と共に「日独セキュリティフォーラム」を開催した実績を持つ。2019年4月にはその第2回を開催したが、2020年の第3回の開催はペンディングとなっている。そこで今回は「ジャパンセキュリティサミット2020」の無料オンラインセミナーの場で、日本とバイエルン州の連帯の挨拶および、前述したような最近のサイバーセキュリティおよびデータ保護に関する話題を紹介する。EUやドイツとのビジネスに関心がある企業の方々、GDPRへの対応が求められる企業の方々に、ぜひ聴講していただきたい。

参加申込はこちら

講演詳細

講演タイトル:『ドイツからの祝辞:GDPR対策を一例として』
講演団体: バイエルン州駐日代表部
登壇者:
バイエルン州駐日代表部代表 Dr. Christian Geltinger(クリスティアン・ゲルティンガー)氏

セキュリティ・ネットワーク・ミュンヘン 事務局長 Peter Moehring(ペーター・メーリング)氏

エノバイト(Enobyte)社 代表 Dr. Hermann Gumpp(ヘルマン・グンプ)氏

日 程:2020年 10月1日(木曜日)15:00〜15:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料
お申込み:こちらよりお申込みください
お申し込みは当日10月1日の15:00までとさせていただきます
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

登壇団体概要:バイエルン州駐日代表部
・バイエルン州駐日代表部:ドイツ・バイエルン州と日本間の経済・科学技術分野の懸け橋
・セキュリティ・ネットワーク・ミュンヘン:ドイツを代表するセキュリティ分野の産官学共同団体
・エノバイト(Enobyte)社:データ保護ソリューションのリーディングカンパニーとして20年以上に渡りセキュアICTシステムを構築、特にGDPRをビジネス、法律、ICTに関して横断的にサポート

参加申込はこちら