NECネッツエスアイ株式会社

企業URL:https://www.nesic.co.jp/

●IT/OT接続におけるセキュリティ対策
連絡先:securitysales@ml.nesic.com

●脆弱性管理サポートサービス
部署名:マネージドセキュリティサービス部
連絡先:mss-sales@ml.nesic.com

●セキュリティ運用サービス for Cybereason EDR
部署名:マネージドセキュリティサービス部
連絡先:cybereason-sales@ml.nesic.com

脆弱性管理サポートサービス
セキュリティ運用サービス for Cybereason EDR
IT/OT接続におけるセキュリティ対策

■脆弱性管理サポートサービス

脆弱性管理製品(Tenable.io/Tenable.sc)は、お客様のIT/OT資産からサイバーリスクの情報を収集/分析し、脆弱性を可視化します。可視化した脆弱性はリスクレーティングされ、ビジネスリスクや取り組むべきセキュリティ対策の緊急度、優先度を判断することができます。さらに、NECネッツエスアイのSOCを組み合わせることで、各種脆弱性の専門知識や経験を有するスタッフによる調査・対処判断・適切な処置の提案を行います。これにより、継続的かつ円滑な脆弱性管理サイクルの運用を強力にサポートします。
【URL】https://www.nesic.co.jp/solution/security/vmss.html

脆弱性管理サポートサービス


■セキュリティ運用サービス for Cybereason EDR

セキュリティ運用サービス for Cybereason EDRは、端末にインストールしたエージェントにより端末の挙動を示す様々なデータを収集し、クラウド上の解析エンジンを用いて、標的型攻撃やランサムウェアなどのサイバー攻撃を検出することで脅威の可視化を実現します。さらに、NECネッツエスアイのセキュリティ運用サービスを組み合わせることにより、セキュリティの専門知識や経験を必要とするインシデントの解析・対処、侵害が認められた場合の根本原因の特定、原因を除く恒久対策というセキュリティ・ライフサイクル・マネジメントを実現します。
【URL】https://www.nesic.co.jp/solution/security/Cybereason.html


■IT/OT接続におけるセキュリティ対策

従来は工場内は閉鎖的なネットワーク環境であり、イントラネットはもちろんインターネットにも接続されておらず、必然的にセキュリティ対策も優先度が低い状態でした。近年は工場内もIoT化が進み、イントラネット/インターネットに接続されるように変化してきたため、イントラネットと同様にセキュリティ対策の重要度が高まってきています。OT環境とIT環境をつなぐIndustry-DMZ、高性能PCテレワークソリューション、産業制御機器の脆弱性保護等、今の時代に必要とされる工場内のセキュリティ対策についてご紹介します。
【URL】https://www.nesic.co.jp/solution/security/solution.html#Col5

ITOT接続セキュリティ