1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ラック】スマートシティを実現するための提案とセキュリティの取り組みーJAPANSecuritySummit 2021オンライン無料セミナー

【ラック】スマートシティを実現するための提案とセキュリティの取り組みーJAPANSecuritySummit 2021オンライン無料セミナー

本セッションは、ソリューションの紹介ではなく、スマートシティに関する取り組みをデモを含めてご紹介します。

スマートシティとは、内閣府によると「ICT 等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)の高度化により、都市や地域の抱える諸課題の解決を行い、また新たな価値を創出し続ける、持続可能な都市や地域であり、Society 5.0の先行的な実現の場と定義されています」。

インターネットなどを活用することで、都市が抱える問題を解決しながら、そこに関わるすべての人が快適で、安心に生活ができる都市にする取り組みで、政府も「統合イノベーション戦略2020」などに基づき、Society5.0の総合的ショーケースとして推進しています。

実際には、電気やガスのメーター、街中の防犯カメラ、街灯、店舗、家電など、さまざまな機器がインターネット経由で情報を収集することで、住民の生命に関わる事故や病気の可能性をいち早くキャッチできます。街中のデータと気象データを組み合わせることで自然災害を予測することも可能です。交通状況が集約され、渋滞情報がスマートやカーナビに通知され、交通の流れをスムーズにします。また、介護ロボットやウェアラブル、医療機器などのデータについても、高齢者の見守りや住民の健康維持に役立てられます。

しかし、膨大な重要データの保管、運用を必要とするため、十分なセキュリティ対策が実装されていない場合には、サイバー事故発生時のリスクがあり、その被害規模ははかり知れません。

ラックでは、セキュリティ/システム開発事業で培った経験を活かし、街全体を見守る総合的なセーフティ・サービスとして、「town/SmartX」事業の実現を推進しています。このtown/SmartX事業では、サイバーリスク対策で培った当社の分析技術により、IoTセンサーから収集したデータの適切な分析、異常や想定外事象を検知するセキュリティ機能を提供する計画です。

スマートシティ/スーパーシティの実現には、セキュリティに特化した技術を持つ弊社と地域の自治体、事業者との「共創」が不可欠です。ラックでは、town/SmartXの実現に向けて、一緒に未来の街づくりに取り組んでいただける自治体、地域事業者を広く求めています。スマートシティや地域活性化に取り組む事業会社、自治体の多くの方に参加いただき、今後の取組などを一緒に考えていきたいと思っております。

お申込みいただいた方が当日お時間に都合がつかなくなった場合には、動画アーカイブでオンデマンド視聴を提供しますので、ご安心ください。

講演詳細

講演タイトル:スマートシティを実現するための提案とセキュリティの取り組み

講演団体:株式会社ラック

登壇者:株式会社ラック 新規事業開発部 部長 兼 次世代セキュリティ技術研究所 研究員 又江原恭彦(またえばらやすひこ)氏

日 程:2021年 10月29日(金) 17:00〜17:45

会 場:Teamsを利用したオンラインイベントです。Peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
お申込みはこちらよりお願いします。

参加費用:無料

お申し込みは当日10月29日の15:00までとさせていただきます

主 催:JAPANSecuritySummit 2021実行委員会

登壇団体概要:株式会社ラック

株式会社ラックは先進のセキュリティ対策技術を核としたITトータルソリューションで、お客様のビジネス発展に貢献し、安心・安全なデジタル社会の実現を目指します。

JAPANSecuritySummit 2021は、日本の政府機関・公的団体・学術研究機関・産業界の知を集結させるセキュリティ専門のオンラインイベントです。
JAPANSecuritySummit 2021では、当講演以外にも多くのセミナーをご用意しております。

他のセミナーは、こちらよりご確認ください。

※個人情報の取り扱いにつきまして
お預かりしたお客様の個人情報は、講演企業である株式会社ラックの営業活動および情報提供のため、主催者であるJAPANSecuritySummitUpdate編集部からの情報提供のために使わせていただく場合がございます。

お申込はこちら

関連記事