1. HOME
  2. ブログ
  3. 【SYNCHRO】安価で効果の高いゼロトラストセキュリティの実現 ~サイバーアタックを寄せ付けない!「KATABAMI」によるIoT機器のインターネット接続システム実現例~ーJAPANSecuritySummit 2021オンライン無料セミナー

【SYNCHRO】安価で効果の高いゼロトラストセキュリティの実現
~サイバーアタックを寄せ付けない!「KATABAMI」によるIoT機器のインターネット接続システム実現例~
ーJAPANSecuritySummit 2021オンライン無料セミナー

産業機器向けセキュリティ国際標準であるIEC62443に準拠したゼロトラスト対応インターネット接続技術「KATABAMI」に組み込み、IoT機器とクラウドシステム、ネットワーク化されたコンシェルジュの地域別拠点を閉域網として繋ぐ独自システムを構築しました。これにより、サイバーアタックを寄せ付けず、人的なりすましにも強い防犯性を備えたコンシェルネットシステムの試作が完成しました。

本セミナーでは、超高齢先進国となった我が国で、間近に迫った在宅生活支援のニーズに対応する革新的ソリューションサービス「助っ人番」を、日本で初めて山口市スマートシティに社会実装する計画についてご紹介します。

(参考)「助っ人番」:https://www.access.udc-synchro.co.jp/sukettoban/

本サービスで必須のECサイトにも、今回のKATABAMIが組み込まれています。昨今サイバーテロによる個人情報流出事故などを未然に防止するために「Neo-Thin client」を独自に開発し、それをシステムに取り入れるなど、従前のEC業界にも一石を投じる新しいセキュリティソリューションになっています。また当社が創業時から研鑽し続けてきた「人のなりすまし」を完璧に防止する「BD-Net」本人認証基盤(携帯電話番号をIDに認証データと紐づけた)もセキュリティ対策に大いに貢献するでしょう。 

本セミナーでは、IoT機器メーカー、IoTシステムを構築&運用するSIerやサービス会社、IoT機器以外のインターネット接続システムを構築&運用するSIerやサービス会社、スマートシティのデータ連携基盤メーカーやSIer(最終的なユーザー様としてスマートシティを導入する全国の自治体様が対象) に聴講を頂ければ幸いです。 

お申込はこちら

講演詳細 

講演タイトル:『安価で効果の高いゼロトラストセキュリティの実現 ~サイバーアタックを寄せ付けない!「KATABAMI」によるIoT機器のインターネット接続システム実現例~』 

講演団体:株式会社SYNCHRO 

登壇者:株式会社SYNCHRO代表取締役社長 室木勝行(むろきかつゆき)氏  

日 程:2021年 11月2日(火)10:00-11:00
会 場:Teamsを利用したオンラインイベントです。 Peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
お申込みはこちらよりお願いします。
参加費用:無料  
お申し込みは当日11月2日(火)の9:00までとさせていただきます。 
主催:JAPANSecuritySummit 2021実行委員会  
登壇団体概要:株式会社SYNCHRO 

当社は静脈認証システムのパイオニアとして、物理的な空間で人のなりすましを防止する独自の認証方式を駆使し、フィジカルセキュリティ=アクセスコントロール事業で創業20周年を迎えました。通算で約1万5000システムの販売実績を通じ、認証システムと周辺機器の連動によるセキュリティSIの実績を積み上げてきました。特にインターネット接続環境下で、遠隔監視&制御における安全性を追究。現実理論と実践哲学に基づきインターネット接続上の安全性を研鑽した結果、サイバーアタックを寄せ付けない安全・安価、かつ効果的なIoTソリューションをオープンソースで実現し、多様な製品に組み込みを実現しています。当社の事業理念「飽くなきパーフェクトアクセスコントロールの追求」に基づき、インターネット社会における安全・安心なゼロトラスト型社会システム産業を社会実装し、社会システムの健全稼働に貢献を図るイノベーションを志していきます。

JAPANSecuritySummit 2021は、日本の政府機関・公的団体・学術研究機関・産業界の知を集結させるセキュリティ専門のオンラインイベントです。
JAPANSecuritySummit 2021では、当講演以外にも多くのセミナーをご用意しております。 他のセミナーは、こちらよりご確認ください。

※個人情報の取り扱いにつきまして
お預かりしたお客様の個人情報は、講演企業である株式会社SYNCHROの営業活動および情報提供のため、主催者であるJAPANSecuritySummit Update編集部からの情報提供のために使わせていただく場合がございます。

お申込はこちら

関連記事