1. HOME
  2. ブログ
  3. グローバル重要インフラ保護市場ーコンポーネント別(セキュリティ技術とサービス)、業種別(エネルギーと電力、輸送システムと機密、インフラストラクチャと企業)、および地域別ー予測2022ー2030年

グローバル重要インフラ保護市場ーコンポーネント別(セキュリティ技術とサービス)、業種別(エネルギーと電力、輸送システムと機密、インフラストラクチャと企業)、および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.は、「グローバル重要インフラ保護市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年11月22日に発刊しました。この調査には、重要インフラ保護市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58747

重要インフラ保護市場は、2022年に1,420.4億米ドルの市場価値から、2030年までに2,207.3億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に6.50%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-critical-infrastructure-protection-market/92

重要インフラ保護とは、輸送、農業、食品など、地域の重要インフラストラクチャを保護することを意味します。世界的に、国のすべての政府は、自然災害、テロ攻撃、またはサイバー脅威からこれらの重要なインフラストラクチャを保護する責任があります。重要なインフラストラクチャ組織は、重要なインフラストラクチャ環境全体で災害を予測および軽減できる強力なアーキテクチャを採用する必要があります。重要インフラストラクチャ保護は、重要インフラストラクチャ環境に影響を与える壊滅的なインシデントへの準備と対応、および増え続けるさまざまな脅威からの企業の保護を支援します。

物理システムとインサイダー攻撃の脅威、スマートグリッドテクノロジーへの主要経済国による投資の増加、とさまざまな業界の企業を標的としたセキュリティ違反とサイバー攻撃の増加は、予測期間中に重要インフラ保護市場の成長を推進する主な要因です。さらに、重要インフラ保護におけるクラウドコンピューティングの採用、と技術の進歩により、予測期間中に重要インフラ保護市場の成長に有利な機会が生まれています。しかし、セキュリティインフラストラクチャの展開の複雑さ、技術的な専門知識の欠如、重要インフラストラクチャ保護の認識は、予測期間中に重要インフラ保護市場の成長を妨げる可能性があります。

VR / AR(仮想現実/拡張現実)人工知能(AI)、5G、IoT、クラウドコンピューティングなどの技術的進歩の高まりは、市場の成長を推進している注目すべき要因です。国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、世界で84億のIoTデバイスがあり、IoT市場は2018年に1,300億米ドルを占めており、2025年までに1.5兆米ドルを獲得すると推定されています。また、2019年の世界のICT輸出(総輸出に占める割合)は11.536であり、米国が8.7%を占めており、日本が8%の割合でそれに続きました。さらに、世界のアクティブなインターネットユーザーの増加は、世界人口の約60%に達しており、市場の成長をさらに促進しています。2020年12月末までに、世界中のアクティブなインターネットユーザーの総数は約43億人になりました。これらの要因は、さらに、市場のプレーヤーに有利なビジネス機会を生み出すと予測されており、今後数年間で市場の成長を後押しするとさらに予想されます。

重要インフラ保護市場セグメント

重要インフラ保護市場は、コンポーネント別(セキュリティ技術とサービス)、業種別(エネルギーと電力、輸送システムと機密、インフラストラクチャと企業)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

重要インフラ保護市場の地域概要

重要インフラ保護市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、世界の重要インフラ保護市場で最大のシェアを占めています。これは、米国でのCIPの大規模な採用、ITインフラストラクチャに関する安全性とセキュリティへの関心の高まり、およびスマートグリッドの採用の増加によるものです。一方、アジア太平洋地域は、世界の重要インフラ保護市場で最も急速に成長している地域です。これは、モバイルワーカーの継続的な成長、ビジネスの複雑さの増大、とインターネットの規制されていない性質などの要因に起因します。

重要インフラ保護市場の主要なキープレーヤー

重要インフラ保護市場の主要なキープレーヤーには、Bae SystemsGeneral Dynamics、Honeywell、Lockheed Martin、Northrop Grumman、Raytheon、Airbus、Hexagon AB、Johnson Controls、Thales Groupなどがあります。この調査には、重要インフラ保護市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58747

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

関連記事