1. HOME
  2. article
  3. 脅威検知システムの世界市場は2027年まで年間複合成長率13.3%で成長すると予想

脅威検知システムの世界市場は2027年まで年間複合成長率13.3%で成長すると予想

2022年01月05日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-脅威検知システムの世界市場は、予測期間2021-2027年に13.3%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。
脅威検知システムの世界市場は、2021-2027年の予測期間において13.3%以上の健全な成長率が見込まれています。世界の脅威検知システム市場は、2020年に約5億3,282万ドルで、2021-2027年の予測期間には13.3%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw2566

市場の概要:

脅威検知システムは、爆発物、薬物、禁止物質など様々な脅威を特定するための技術である。国際的な安全に対する懸念の高まりやテロ活動の増加は、脅威検知システム市場の成長を促す主な要因となっています。その他の推進要因としては、デバイス保護やセキュリティソフトウェアの自動化に対する需要の高まりが挙げられます。2018年4月、サイバーエッジは、イノベーション免疫システム技術を提供するDark traceと協業を締結しました。この協業は、サイバーエッジがサイバー脅威検知ソリューションを顧客に提供することを支援するとともに、サイバーエッジのサイバーセキュリティ能力を強化するものです。データへの不正アクセスを目的としたネットワークへの攻撃が増加する中、多くの企業がサイバーセキュリティのために脅威検知システムの導入を義務付け始めています。ネットワーク制御ソリューションプロバイダーは、ネットワークトラフィックの分析を通じて、悪質な行為の検知を支援します。また、マルチレベルの評価により、ネットワークの運用を制御することも可能です。脅威検知システムの主な課題は、ユーザーの無知です。多くの企業経営者は、デバッグ技術を知らないため、ネットワーク上の脅威の可能性を高めています。また、端末の接続ソリューションが制御できないことや、SIEM(Security Information and Event Management)のようなセキュアブートの欠如も、市場の成長を阻害する要因となっています。また、既存のインフラに高度な機能を追加するサービスアプリケーションとしてのロボティクスの需要が高まる中、通信機器や商業施設からの生体認証システムの急速な成長が市場機会を生み出しています。

企業内および企業間の極めて高いデジタル変革とクラウド、モバイル、分析などの高度な技術により、北米は脅威検知システムで主導的な地位を占めています。また、セキュリティや脅威防御ソリューションの普及も、脅威検知システム市場の大幅な拡大を後押ししています。シスコなどの企業も、市場機会を拡大するために、この市場でのコラボレーションを通じて、脅威検知ソリューションの開発に取り組んでいます。脅威検知システムの市場は、企業における接続性監視・管理ソリューションの需要の高まりにより、ヨーロッパとアジア太平洋地域で急拡大しています。

詳細はこちらより確認ください

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!