1. HOME
  2. article
  3. Z世代の約7割が個人情報の登録に抵抗感ーラック、スマホアプリ利用時のセキュリティ意識調査を実施ー

Z世代の約7割が個人情報の登録に抵抗感
ーラック、スマホアプリ利用時のセキュリティ意識調査を実施ー

株式会社ラックは、Z世代(12歳~22歳と定義)を対象に、利用しているスマホアプリの種類、スマホアプリ利用時のセキュリティ意識や対策実施状況などの調査を実施し、結果をまとめたホワイトペーパーを2022年4月6日に公開した。
公開された調査内容の抜粋は以下の通り。

1:もっとも利用するアプリはゲーム(アプリ利用に関する基本調査)

スマートフォンで利用しているアプリの種類を聞いたところ(複数回答可)、第1位は「ゲーム」、第2位は「写真/ビデオ」、第3位は「ミュージック」。ゲームは手軽に隙間時間でプレイできるので、男女問わず人気が高いアプリという理由と思われる。

写真/ビデオアプリはSNSとの親和性が高いため、若年層のコミュニケーションツールと組み合わせて使用されていると考えられる。特に写真/ビデオアプリは、女性の利用者が男性に比べ多い傾向にありました。ミュージックアプリは移動中や1人時間をリラックスして過ごすために男女とも利用者が多いと分析されている。

Z世代が利用するアプリ

2:多くがセキュリティやプライバシーを意識(セキュリティ・プライバシーの認知度・実施率)

スマホアプリを使用する際に、セキュリティやプライバシーについて意識しているかについて聞いたところ、「意識している」と回答した人は22.0%、「やや意識している」は39.2%、「あまり意識していない」は9.4%、「意識していない」は9.4%、「どちらでもない」は20.0%でした。「意識している」、「やや意識している」を合わせると61.2%となり、若年層の多くがセキュリティやプライバシーを意識していることが分かった。企業であれば、セキュリティやプライバシーへの対応をビジネス課題として取り組むことが当たり前だが、デジタルネイティブな若年層にとっても、普段の生活でスマホアプリを使用する際にセキュリティやプライバシーを意識していることが明らかとなった。

また、「あまり意識していない」、「意識していない」という回答も18.8%おり、セキュリティやプライバシーへの意識が低い若年層も存在している。このことから、生活の一部としてスマホアプリが使用されている現代において、若年層に対するアプリ利用時のセキュリティやプライバシーに関する意識啓発の重要性が、今後より一層高まると考えられる。さらにアプリ提供者がセキュリティやプライバシーに配慮したアプリ開発を実施するなど、安全にアプリを利用できる環境整備が必要、としている。

Z世代の意識

3:個人情報の登録には強い抵抗感(アプリ上で個人情報を登録することへの抵抗感)

アプリ上での個人情報の登録に抵抗感があるか聞いたところ、「抵抗感がある」と回答した人は71.6%、「抵抗感がない」は28.4%。前述の通り、アプリを使用する際、プライバシーに関する情報をアプリが閲覧することに抵抗があることに加え、アプリに個人情報を登録することに抵抗を感じる若年層が多いようだ。そのため、アプリに登録された個人情報はアプリを利用する際にのみ使用が認められるように、アプリ開発者が責任をもって、個人情報を保護できる仕組みを実装していくことが重要。また、個人情報漏えいなどの万が一に備え、暗号化サービスをアプリに組み込むなどのセキュリティ対策が必要である。

Z世代の意識

このようなZ世代向けにセキュリティ意識に関する、より詳細な調査結果である「Z世代スマホアプリのセキュリティ意識調査」と題したホワイトペーパーはこちらのページより入手が可能である。

調査方法WEBアンケート
調査期間2021年11月17日(水)~2021年11月21日(日)
有効回答数500件
回答者属性年齢:12歳~22歳

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!