1. HOME
  2. article
  3. 【総務省】テレワークセキュリティガイドライン(第5版)を公表

【総務省】テレワークセキュリティガイドライン(第5版)を公表

政府機関

総務省は2022年5月31日にテレワークセキュリティガイドライン(第5版)、中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)(第3版)を公表した。

テレワークセキュリティガイドラインは、企業等がテレワークを実施する際のセキュリティ上の不安を払拭し、安心してテレワークを導入・活用するための指針で、テレワークの導入に当たってのセキュリティ対策についての考え方や対策例を示したもの。

第5版の改訂ポイントは以下となる。

・テレワーク方式を再整理し、適した方式を選定するフローチャートや特性比較を掲載
・クラウドやゼロトラスト等のセキュリティ上のトピックについても記載
・経営者・システム管理者・勤務者の立場それぞれにおける役割を明確化
・実施すべきセキュリティ対策の分類や内容を全面的に見直し
・テレワークセキュリティに関連するトラブルについて、具体的事例を含め全面見直し
(事例紹介のほか、セキュリティ上留意すべき点や、採るべき対策についても明示

中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)は、セキュリティの専任担当がいないような中小企業等におけるシステム管理担当者(専門用語について仕組みの詳細まではわからないが、利用シーンがイメージできるレベルの方)を対象として、テレワークを実施する際に最低限のセキュリティを確実に確保してもらうための手引き(チェックリスト)等である。

是非こちらのページより詳細を確認してほしい。


テレワーク事業者向けに、テレワーク施設のセキュリティや作業環境面の安全性に係るガイドラインへの適合性を審査、認証。安心安全テレワーク施設認証プログラムがスタートしている。
テレワーク事業者はこちらも確認してほしい。

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!