1. HOME
  2. article
  3. 強固なインシデント対応体制の構築を実現する「CSIRT構築/インシデント対応手順策定支援サービス」を提供開始CSIRT構築、インシデント対応プロセス策定、インシデント対応等の豊富な経験に基づいた知見を最大限活用し、企業・組織のインシデント対応体制を強化

強固なインシデント対応体制の構築を実現する「CSIRT構築/インシデント対応手順策定支援サービス」を提供開始
CSIRT構築、インシデント対応プロセス策定、インシデント対応等の豊富な経験に基づいた知見を最大限活用し、企業・組織のインシデント対応体制を強化

AI(人工知能)を活用したサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」を国内向けに提供するサイバーリーズン・ジャパン株式会社は、サイバー攻撃が高度化・大規模化し、多くの日本の企業・組織がサイバー攻撃の被害に遭っている状況を踏まえ、企業・組織における、より強固なインシデント対応体制の確立に向けて、CSIRT※の構築とインシデント対応プロセスの整備を支援する「CSIRT構築/インシデント対応手順策定支援サービス」を、2022年7月12日から提供を開始した。

ここ数年、サイバー攻撃は急速に進化しており、特に身代金の支払いを目的とするランサムウェアによる攻撃は世界中で猛威を振るい、多くの企業・組織に甚大な被害を及ぼしている。さらに、昨今のランサムウェア攻撃は、ツールのコモディティ化による攻撃の容易化や、金銭的リターンの増加による攻撃者の意欲向上の結果、被害や件数が増大し、国内でも大規模な情報漏洩や事業停止等に繋がるなど、社会問題となっていると言える。

このようなサイバー攻撃に対しては、企業・組織は、攻撃への技術的な対処に加え、インシデントが発生した場合のマスメディア対応や外部機関への報告が必要となる。そのため、IT部門での対応だけでなく、経営層や他の部門・組織と連携した対応が求められる。

サイバーリーズン・ジャパンが提供する「CSIRT構築/インシデント対応手順策定支援サービス」は、サイバーリーズンがCSIRT構築やインシデント対応プロセスの策定、インシデント対応等の豊富な経験から得た知見を最大限活用し、企業・組織の現状と最新のセキュリティ動向を踏まえた、強固なインシデント対応体制の構築を支援するサービスである。具体的には、CSIRT構築とインシデント対応プロセスの整備をサポートする。

■サービス詳細ウェブページ
https://www.cybereason.co.jp/products/csirt-service/

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!