1. HOME
  2. article
  3. 3年ぶりの行動制限のない夏休みにあたり

3年ぶりの行動制限のない夏休みにあたり

今年は、3年ぶりに行動制限のない夏休み。帰省する、旅行に行くというという人も多いであろう。しかし、連休はサイバーセキュリティのリスクが高まる。企業のセキュリティ担当者、情報管理担当者が不在な時、長期休暇の時は攻撃者、ハッカーにとって絶好のタイミングとなる。

そこで、8月3日、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「夏休みにおける情報セキュリティに関する注意喚起」として、以下のように注意喚起をしている。

多くの人がお盆休みや夏休みなどの長期休暇を取得する時期を迎えるにあたり、IPAが公開している長期休暇における情報セキュリティ対策をご案内します。
長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」、「友人や家族と旅行に出かける」等、いつもとは違う状況になりがちです。このような場合、ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合に対処が遅れてしまったり、SNSへの書き込み内容から思わぬ被害が発生したり、場合によっては関係者に対して被害が及ぶ可能性があります。
最近では外出自粛等の影響により、逆に家でパソコンなどを利用する時間が長くなり、ウイルス感染やネット詐欺被害のリスクが高まることも考えられます。

長期休暇における情報セキュリティ対策、日常における情報セキュリティ対策、「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて、テレワークを行う際のセキュリティ上の注意事項などはゴールデンウィーク前にもJAPANSecuritySummit Updateにおいて紹介しているので再確認をしてほしい。

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!