1. HOME
  2. article
  3. 「経済安全保障への対応 ~オープンソースセキュリティの動向~」をリリース

「経済安全保障への対応 ~オープンソースセキュリティの動向~」をリリース

経済安全保障

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会(理事長:辻井 重男、所在地:東京都港区、以下、SIOTP協議会)は、経済安全保障の観点でオープンソースセキュリティ動向に関するドキュメントをリリースした。

いまやオープンソースソフトウェアは重要インフラを中心としたIoT環境でも利用され、Log4jをはじめ、その脆弱性を突かれた重大インシデントも発生しており、大きな課題となっている。 この課題は、SIOTP協議会が注目する、日本の経済安全保障においても、グローバル環境での安全なサプライチェーン構築を考えると、非常に重要な課題だと考え、Linux Foundation/OpenSSFの活動を中心に、現在のオープンソースセキュリティをとりまく動向と今後のSIOTP協議会の対応をまとめたドキュメントである。

経済安全保障への対応 ~オープンソースセキュリティの動向~のダウンロードはこちら

※参考資料

「経済安全保障への対応 ~日本製造業に向けて~」
https://www.secureiotplatform.org/static/images/report_20220425.pdf

「経済安全保障への対応:ハードウェア ルートオブトラストの重要性についての考察」https://www.secureiotplatform.org/static/images/report_20220114.pdf

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!