1. HOME
  2. イベント
  3. クラウドサービス
  4. 【CSAジャパン】クラウドサービスのリスク評価の未来と海外で主流となりつつあるVRM/TPRMという解決策

【CSAジャパン】クラウドサービスのリスク評価の未来と海外で主流となりつつあるVRM/TPRMという解決策

第86回CSA勉強会 クラウドサービスのリスク評価の未来と海外で主流となりつつあるVRM/TPRMという解決策
本勉強会では、クラウドサービスのリスク評価として注目を集めているVRM(Vendor Risk Management)/TPRM(Third Party Risk Management)について、日本でサービスを展開している株式会社ミツカル様にご講演いただきます。株式会社ミツカル様では、CSAが提供するCCM/CAIQ/CAIQ-Liteを利用したクラウドサービスセキュリティチェック支援サービス「Conoris」を展開しており、VRM/TPRMを理解する機会であると同時に、CCM/CAIQ/CAIQ-Liteの利用方法の1つとしてお話を聞くことができます。

開催日時 2022年6月21日(火)18:30~20:00
定 員 250名
費 用 無料(事前登録制となります)
開催方法 オンライン開催
申込方法 こちらからご確認ください
アジェンダ
  1. 日本企業におけるクラウドサービスのリスク評価の課題
  2. VRM/TPRMのご紹介(主に海外)、市場動向、ユースケース、今後の動向
  3. クラウドサービスのリスク評価にVRM/TPRMとCCM/CAIQがどのように価値をだしているか
  4. Conoris のご紹介、および、CCM/CAIQの活用方法

詳細はこちらからご確認ください

| クラウドサービス