【セキュアIoTプラットフォーム協議会】セキュアなIoTシステム開発に必要な実装レベルでの仕様と開発のポイントを「手引書」として公開――ジャパンセキュリティサミット2020オンラインセミナー

産業システムに求められるセキュリティ基準を定義した国際規格としてIEC62443がリリースされている。IEC62443とはIEC(国際電気標準会議)が策定した、制御システムをサイバー攻撃などから守るための、汎用的な標準セキュリティ規格である。すでに欧州、米国などの調達基準に適用され始めている。汎用的なセキュリティ要件がまとめられており、IoTシステム開発にも有効であると考えられる。

しかし、産業システム向けに定義されたIEC62443を読み解き、IoTシステム開発に応用することは容易ではない。そこで、セキュアIoTプラットフォーム協議会では、次世代IoTセキュリティ標準の普及活動のひとつとして、「IoTセキュリティ手引書Ver1.0」をこのセミナーに合わせて公開する予定だ。

IoTシステム開発に応用できるようにする「IoTセキュリティ手引書Ver1.0」は、IoTシステム開発者に対して、産業システム向けセキュリティ規格IEC62443を参照し、安全なIoTシステム開発のための実装レベルの仕様にまでが理解できるように、セキュアIoTプラットフォーム協議会の「仕様検討部会」で策定した。セキュリティ定義の過不足を整え、利用しやすくすることを目的としたものである。IEC62443を参照し、開発各社が実際にIoTシステムを開発する際に必要とする、実装レベルでの仕様と開発のポイントをセキュアIoTプラットフォーム協議会会員企業の開発経験も踏まえた内容である。

今回の無料オンラインセミナーでは、「IoTセキュリティ手引書Ver1.0」について、内容と活用の仕方を解説する。
長期運用される産業用IoTシステムの開発、企画に携わる方、特に重要インフラ14分野(情報通信、金融、航空、空港、鉄道、電力、ガス、行政、医療、水道、物流、化学、クレジット、石油)に関するIoTシステムの開発、企画に関与する方にとって必見のセミナーとなるだろう。

参加申込はこちら

講演詳細

講演タイトル:『IEC62443に対応。安全なIoTシステム開発に向けた「IoTセキュリティ手引書Ver1.0」のご紹介』
講演団体:セキュアIoTプラットフォーム協議会
登壇者:セキュアIoTプラットフォーム協議会 仕様検討部会座長 豊島大朗 (とよしま だいろう)氏

日 程:2020年10月1日(木曜日)17:00〜17:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料
お申込み:こちらよりお申込みください
お申し込みは当日10月1日の17:00までとさせていただきます
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

登壇団体概要:セキュアIoTプラットフォーム協議会

セキュアIoTプラットフォーム協議会は、安心安全なIoT社会を構築するために、日本産業界の知見を集約し、国際標準や国の指針に定義されているセキュリティ要件を具現化するための、実装レベルの仕様作りを目指す団体です。

参加申込はこちら