1. HOME
  2. ブログ
  3. 東京オリンピック・パラリンピックに合わせた「テレワーク・デイズ2021」。今年も開催を決定。

東京オリンピック・パラリンピックに合わせた「テレワーク・デイズ2021」。今年も開催を決定。

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都および関係団体と連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動として展開してきた。

東京2020大会が行われる今年は、7月19日(月)~9月5日(日)を「テレワーク・デイズ2021」と設定し、大会期間中の混雑緩和、テレワークの全国的な推進を目的にテレワークの一斉実施を呼びかける。

各団体や企業は6 月 11 日(金)~9 月 5 日(日)に登録することにより、テレワーク・デイズ2021へ参加することができる。

テレワーク・デイズ2021に参加することにより、以下のメリットが得られる。
・テレワークに積極的に取り組む姿勢をテレワーク・デイズのHPを通じて広くアピールが可能
・テレワークをまだ導入されていない企業・団体は、この機会にテレワークにチャレンジすることにより、メリットや課題を実際に肌で感じ、働き方を見直す機会となる
・すでにテレワークを導入されている企業・団体は、さらなる質の向上や定着に向けた取組につながる

テレワーク・デイズ2021は以下の3つの類型で、全国で3,000団体の参加を目指す。

●参加団体類型

●登録期間:6 月 11 日(金)~9 月 5 日(日)

●登録方法:

・実施団体登録フォーム:https://www2.iqform.jp/teleworkdays/pc/enquete/jisshidantai/

・特別協力団体登録フォーム:https://www2.iqform.jp/teleworkdays/pc/enquete/tokubetsu/

・応援団体フォーム:https://www2.iqform.jp/teleworkdays/pc/enquete/ouendantai/

関連記事