1. HOME
  2. article
  3. 2021年度 JNSA賞を発表

2021年度 JNSA賞を発表

日本ネットワークセキュリティ協会(以下JNSA)では、情報セキュリティ向上のための活動を積極的に行い広く社会に貢献した、あるいはJNSAの知名度向上や活動の活性化等に寄与した個人、団体、JNSAワーキンググループ を対象に「JNSA賞」と称する表彰を贈る制度を、2006年度に発足いたしました。

この賞は、情報セキュリティの向上に寄与された方々を広く紹介し、その活動を称え、更に積極的な活動をしていただけるよう、設置したものです。この賞が、広く社会に情報セキュリティが根付く発端となり、より良い社会を実現できる一助になればと考えています。

受賞者決定まで
2021年9月に、過去にJNSAの知名度向上、活動の活性化、また広く社会の情報セキュリティの向上に貢献した個人、団体、JNSAワーキンググループの推薦(自薦、他薦は問わず)を募集しました。最終選考会を2022年1月に開催し、受賞者を決定しました。
昨年開始した、「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)Basic SecCap カリキュラム」に参加する学生を対象にする「JNSA学生賞」についても、enPiTから推薦を受けて表彰いたします。
※JNSA学生賞については、enPiTにて選考が行われております。

表彰式
2022年3月8日(火)、9日(水)、10日(木)に開催予定のJNSA主催シンポジウム「Network Security Forum 2022(NSF2022)」にて、表彰式を行います。

2021年度 受賞者

〇ワーキンググループ(WG)の部

・調査研究部会 インシデント被害調査ワーキンググループ
(リーダー:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 神山 太朗 氏)
(サブリーダー:キヤノンITソリューションズ株式会社 西浦 真一 氏)
 ➡インシデント被害調査ワーキンググループ成果物

・標準化部会 電子署名ワーキンググループ
 (リーダー:三菱電機株式会社 宮崎 一哉 氏)
 ➡電子署名ワーキンググループ成果物

○個人賞

・唐沢 勇輔氏(社会活動部会 副部会長・事業コンプライアンス部会 企画ワーキンググループリーダー|Japan Digital Design 株式会社)

○特別賞

・須藤 龍也氏(朝日新聞社 編集局 編集委員(サイバーセキュリティ担当専門記者))

○JNSA学生賞

・山月 達太氏(大阪大学)
・田中 裕太郎氏(東北大学大学院)
・栗原 史弥氏(東京電機大学)

詳細はこちらよりご確認ください

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
JAPANSecuritySummit Updateでは、最新のサイバーセキュリティの情報をメールマガジンで案内をしております。
是非JAPANSecuritySummit Updateのメールマガジンにご登録ください。
メールマガジンの登録はこちらからお願いします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!