1. HOME
  2. article
  3. IoT機器の開発と市場投入までの期間を 50%短縮し、OSSのセキュリティ懸念も軽減できるソフトウェアパッケージが登場

IoT機器の開発と市場投入までの期間を 50%短縮し、OSSのセキュリティ懸念も軽減できるソフトウェアパッケージが登場

IoT

株式会社ユビキタスAIコーポレーション(以下「ユビキタスAI」)は、組込みシステムを構成するリアルタイムOS、ネットワークスタックおよびアプリケーションなどのミドルウェアを動作確認済みのパッケージにした新製品「Ubiquitous RTOS IoT Enabler(以下「RTOS IoT Enabler」)」の提供開始した。

<製品イメージ図>

近年、高性能・高機能化が進む組込み機器開発では、OS、ネットワークスタック、ミドルウェア、アプリケーションと多岐にわたるソフトウェアの検討、開発および調達が必要となる。また、採用するソフトウェアにおける品質の確保やセキュリティ対応に多大な時間と手間を要するようになった。その中には、専門的な知識が必要とされるオープンソースソフトウェア(OSS)の使用可否の判断まで含まれており、組込み開発者の負担になっている。

RTOS IoT Enablerは、最新のIoT機器からEMS※、スマート家電、メディカル・ヘルスケア、HMI、FAなど幅広い組込み製品の開発効率を向上し、市場投入までの期間を50%短縮可能にするオールインワンパッケージである。ユビキタスAIのμITRON4.0仕様リアルタイムOS「TOPPERS-Pro シリーズ」、省リソースのMCUでも効率的に動作するネットワークスタック「Ubiquitous Network Framework」をベースに、EMS、スマート家電などさまざまなアプリケーションに適したミドルウェアを柔軟に組み合わせることが可能だ。

一般的にIoT機器の設計工程では、ソフトウェアの選定や調達のための契約業務が発生し、開発工程はRTOSの移植、ネットワークスタックの移植、ファイルシステムやミドルウェアの移植にアプリケーション開発まで多岐にわたるため開発期間が半年以上となることが少なくない。

RTOS IoT Enablerの利用者は、複数のソフトウェア調達に関連する契約業務が簡素化されるだけでなく、OSS採用に伴うセキュリティ懸念、ソフトウェアの品質向上および長期の利用に耐えうる適切なアップデートが行われるか、といった問題から解放される。さらに、RTOS IoT Enablerは動作確認済みのソフトウェアパッケージであるため、動作確認に要する期間が短縮されることによって、3ヶ月未満でIoT機器の開発を行うことも可能となる。

また、OSSは無保証で使用することが前提とされているため、不具合や脆弱性があった場合、利用者自身で対応する必要がある。一方、RTOS IoT Enablerは商用ソフトウェアであり、その提供元であるユビキタスAIが不具合や脆弱性への対応をサポートするため、利用者の負担を軽減させるようになる。

これまで、開発工数や期間の制約から既存資産の流用による派生開発を余儀なくされていた製品開発者も、RTOS IoT Enablerを利用することで、システム要件に最適な最新のマイコンやプロセッサをベースにした設計への移行が可能となっている。

製品開発の効率が向上することで、自社アプリケーションの開発に集中でき、優れた製品の市場投入に寄与させることになる。

今回は、幅広いIoT機器開発に適用可能なRTOS IoT Enablerに加え、RTOS IoT Enablerの最初の特定アプリケーション向けパッケージとして、スマートメーターやスマート家電など多くのEMS機器で採用されている規格であるECHONET Liteを統合した「Ubiquitous RTOS IoT Enabler for EMS」を同時にリリースした。

今後、ユビキタスAIでは顧客の製品開発の効率化と市場競争力の向上をサポートする、高性能で信頼性の高いソフトウェアを簡単かつ迅速に利用できるRTOS IoT Enablerの開発を継続し、アプリケーションに特化したパッケージバリエーションを増やしていく予定だ。

■RTOS IoT Enablerの概要

名称     : Ubiquitous RTOS IoT Enabler
        (ユビキタス アールトス アイオーティー イネーブラー)

販売開始日  : 2022年6月9日(木)
価格     : 基本機能200万円~
        (仕様によって異なるので、詳細は問い合わせていただきたい)。
 製品ページURL: https://www.ubiquitous-ai.com/products/rtos-iot-enabler/

■主な特長

・組込みシステム設計を効率化・簡素化する包括的なソフトウェアパッケージ
 OS、ネットワーク、セキュリティなどの移植・開発作業を不要にし、開発効率の向上と市場投入までの期間を短縮

・商用リアルタイムOS「TOPPERS-Pro」をあらかじめ統合
 タイミングクリティカルで複雑な制御をスマートに処理。最新のマルチコアCPUアーキテクチャに対応

・アプリケーションに特化したパッケージを提供
 EMS向けECHONET Liteやスマートスピーカー向け音声コントロールといった特定のアプリケーション向けに最適化されたパッケージの利用で、さらに開発工数を削減

Ubiquitous RTOS IoT Enabler for EMSについての詳細は、以下より確認いただきたい。

URL: https://www.ubiquitous-ai.com/products/rtos-iot-enabler/for-ems.html


以下のイベントでRTOS IoT Enablerについて紹介予定だ。

「Infineon MCU Partner & Solution Day」
会期     : 2022年7月7日(木)
会場     : 大崎ブライトコアホール(オンラインとのハイブリッド開催)

公式Webサイト: https://infineon.oatnd.com/mcu2022/

講演     : PSoC(TM) 64 MCUでインテリジェントなIoTデバイス実現するためのソフトウェア

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!