1. HOME
  2. article
  3. ICTは道具という考え方GIGAスクール時代のICTリテラシー啓発~教育現場の声 三島市編 第8話

ICTは道具という考え方
GIGAスクール時代のICTリテラシー啓発~教育現場の声 三島市編 第8話

GIGAスクール

ICTは道具です。

道具によっては、使い方を間違えると怪我をする、間違えたことが起きるかもしれないと気を付けなければならず、システムや環境を作る側、提供する側も注意が必要です。

より安全な道具を提供すること。道具の使い方を間違えないこと。これらも子供たちに教えていくのがGIGAスクールの役割でしょう。
さらに、ICTを利用することで、子供たちの心を育てるのも大事であるということです。

今回は”ICTという道具”についてディスカッションしています。

第1~7話も合わせてお聞きください。

最新の「GIGAスクール時代のICTリテラシー啓発教育現場の声 三島市編~」はメールマガジンにてご案内致します。是非JAPANSecuritySummit Updateのメールマガジンにご登録ください。
メールマガジンの登録はこちらからお願いします。

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!