1. HOME
  2. イベント
  3. EPM
  4. 【マクニカ】EDRの次のセキュリティ施策、エンドポイントの特権ID管理とは?

【マクニカ】EDRの次のセキュリティ施策、エンドポイントの特権ID管理とは?

エンドポイントへの侵入を起点とした攻撃は、昨今のEmotetをはじめとして未だに後を絶ちません。
エンドポイントを保護する製品の多くは、攻撃された際の「検知・ブロック」を目的としていますが、「攻撃を未然に防止する」、つまり「予防」の観点での対策を行うこともセキュリティを高めるためには重要です。

そこで注目されているのが、「Endpoint Privilege Manager(EPM)」です。EPMは「エンドポイントの特権ID」を保護することで、攻撃を予防するためのソリューションです。

本セミナーでは、EPMの製品概要の説明・デモを実施し、なぜエンドポイントの特権IDを守ることが攻撃に対しての予防策となるのか、他のエンドポイント製品とのカバー範囲の違いを交えて解説いたします。

サイバー攻撃対策に興味があるお客様や、エンドポイントの特権ID管理に課題をお持ちのお客様は是非ご参加ください。

 

開催日時 2022年12月 9日(金)11:00~11:50
費 用 無料(事前登録制)
開催方法 オンラインセミナー
申込方法 こちらからご確認ください
対 象
  • 企業の情報システム部門の方
  • サイバー攻撃の対策でなく、予防にご関心がある方
  • サイバーキルチェーンの上流で攻撃を食い止めたい方
  • エンドポイントの特権管理を一元的に行いたい方

※フリーメールアドレスでのお申込み、学生の方、競合代理店や競合製品をお取り扱いの企業様、
本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある際は、
参加をお断りさせていただく場合がございます。

詳細はこちらからご確認ください

| EPM