1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ラック】パンデミック後のデジタル変容とサイバーリスクについて学ぶーJAPANSecuritySummit 2021オンライン無料セミナー

【ラック】パンデミック後のデジタル変容とサイバーリスクについて学ぶーJAPANSecuritySummit 2021オンライン無料セミナー

サイバーセキュリティについては、攻撃者優位といわれる状況に変わりはありません。企業は、デジタル推進、DXの推進を行うにあたって、自社の資産を正しく把握し、アタックサーフェース(攻撃の対象となり得る機能やサービス)を管理し、攻撃の端緒となる脆弱性を常にコントロールする取り組みが求められています。

しかし、どこから、どのように取り組むべきかということに悩まれる経営者、担当者の方は多いのではないでしょうか。

このセッションでは、ゼロトラストでも求められる、継続的な診断と緩和について最近のサイバーセキュリティの脅威の傾向と、現在のデジタルワーク環境から考えたいと思います。

コロナ禍によって変化したデジタルワークプレースの特徴や、変化に伴って拡大した脆弱性と、企業の変化を狙うランサムウェアなどのサイバー攻撃の高度化や脅威の増大について、以下の手法をご紹介しながら解決策を考えます。

ペネトレーションテスト/TLPT

https://www.lac.co.jp/consulting/penetration_test.html
明確な目的を持ったサイバー攻撃グループに狙われると、セキュリティ対策を何重に組み合わせているつもりでも、想定外のわずかな隙をつかれ侵入を許してしまう可能性があります。当サービスでは、ラックのホワイトハッカーが攻撃者視点で企業のシステムに疑似攻撃を仕掛け、対策の有効性や改善点を報告します。

IoTペネトレーションテスト

https://www.lac.co.jp/consulting/iot_pentest.html
IoT機器は社内システムやクラウドサービスなどネットワークと通信するケースも多く、外部から侵入されるリスクがあります。そこで、もし悪意のある者が侵入に成功した場合、どのような影響があるのかを検証し、被害を未然に防げるよう改善策を提案します。

これらのサービスは高度な技術が求められ、技術者の能力と仮説検証に基づくサービスです。

ラックは、お客様の製品やシステム、サービスの開発者に寄り添った脆弱性の検証と修正手段を提示させていただくと共に、これらのサービスを遂行できる技術者が求める環境の維持を大切にしています。

是非このセッションに参加し、今からのサイバーセキュリティ施策にお役立ていただければと思います。

また、お申込みいただいた方が当日お時間に都合がつかなくなった場合には、動画アーカイブでオンデマンド視聴を提供しますので、ご安心ください。

講演詳細

講演タイトル:パンデミック後のデジタル変容とサイバーリスクについて学ぶ
講演団体:株式会社ラック
登壇者:株式会社ラック サイバーセキュリティサービス統括部 デジタルペンテストサービス部長 仲上竜太(なかがみ りゅうた)氏,CISSP

日 程:2021年 10月28日(木) 11:00〜11:45

会 場:Teamsを利用したオンラインイベントです。Peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
申込みはこちらよりお願いします。

参加費用:無料

お申し込みは当日10月28日(木)の9:00までとさせていただきます

主 催:JAPANSecuritySummit 2021実行委員会

登壇団体概要:株式会社ラック

株式会社ラックは先進のセキュリティ対策技術を核としたITトータルソリューションで、お客様のビジネス発展に貢献し、安心・安全なデジタル社会の実現を目指します。

JAPANSecuritySummit 2021は、日本の政府機関・公的団体・学術研究機関・産業界の知を集結させるセキュリティ専門のオンラインイベントです。
JAPANSecuritySummit 2021では、当講演以外にも多くのセミナーをご用意しております。

他のセミナーは、こちらよりご確認ください。

※個人情報の取り扱いにつきまして
お預かりしたお客様の個人情報は、講演企業である株式会社ラックの営業活動および情報提供のため、主催者であるJAPANSecuritySummitUpdate編集部からの情報提供のために使わせていただく場合がございます。

お申込はこちら

関連記事