1. HOME
  2. article
  3. 3割近くがサイバーセキュリティ対策せず、20代では4割超が未対策スマートフォン、パソコンに関する調査結果20人に1人がフィッシング詐欺や不正利用の被害に

3割近くがサイバーセキュリティ対策せず、20代では4割超が未対策
スマートフォン、パソコンに関する調査結果20人に1人がフィッシング詐欺や不正利用の被害に

レポート

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社は20代~60代の男女1,000人を対象に、スマートフォン(以下、スマホ)、パソコンのサイバーセキュリティ等に関する調査を行った。

「スマホ、パソコンのサイバーセキュリティ等に関する調査」調査概要
●調査時期:2022年6月3日(金)〜6月4日(土) ●調査方法 :インターネット調査
●調査対象:全国の20代〜60代の男女1,000人  ●調査委託先:株式会社マクロミル

<調査結果>

1.SNSの使用は、世代間の差が大きい 20代は9割/60代は4割
プライベートで使用するスマホ、パソコンの使用用途は「Webサイトの閲覧」「メール」「LINE等のメッセージアプリ」が8割を超えた。SNSは64.5%でしたが、20代が9割に対し60代が4割と世代間の差がある。

出典:三井住友海上火災保険株式会社

2.サイバーセキュリティという言葉の認知度は5割弱、特に若い世代が低い傾向
サイバーセキュリティを「知っている」と答えた方は、5割弱に留まっている。特に、20代32.7%、30代36.6%と、若い世代が低い傾向。

出典:三井住友海上火災保険株式会社

3.20人に1人がフィッシング詐欺、不正利用、ネット上での誹謗中傷等の被害に業務利用機器の不正ログインは15人に1人が経験
プライベート使用のスマホ、パソコンでは「フィッシングによる個人情報等の搾取」「クレジットカード情報の不正利用」「ネット上の誹謗・中傷・デマ」を、20人に1人が経験している。
また、業務使用(勤務する会社も含む)でも「インターネット上のサービスへの不正ログイン」等を15人に1人が経験している。

出典:三井住友海上火災保険株式会社

4.3割近くがサイバーセキュリティ対策せず、特に20代で4割超が未対策、60代と大きな差に
プライベート使用のスマホ、パソコンのサイバーセキュリティ対策は「セキュリティソフト・システムの導入」「ソフトウェアの定期的な更新」等、7割が対策を行っている。一方、60代が81.9%に対し、20代が58.5%と世代間の差がある。

出典:三井住友海上火災保険株式会社

<ソナエル・ラボ>
https://www.ms-ins.com/labo/
スマホを購入したらまずやっておきたい最低限のセキュリティ対策については以下で紹介されている。
【やっておきたい】スマートフォンのセキュリティ対策
https://www.ms-ins.com/labo/higoro/article/20200507.html?utm_source=pr&utm_medium=pr&utm_campaign=PR202206-02

<サイバープロテクターのご案内>
サイバープロテクターなら、会社の経営に大きく影響を与えかねないサイバー事故への損害をカバー。
サイバーリスクや個人情報漏えいの損害から会社を救う保険。サイバープロテクター
https://www.ms-ins.com/business/indemnity/pd-protector/

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!