1. HOME
  2. article
  3. 世界の自動運転車セキュリティ市場ー車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車、完全自動運転車)、セキュリティタイプ別、サービス別、ソリューションタイプ別、および地域別ー予測2022ー2031年

世界の自動運転車セキュリティ市場ー車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車、完全自動運転車)、セキュリティタイプ別、サービス別、ソリューションタイプ別、および地域別ー予測2022ー2031年

SDKI Inc.は、「世界の自動運転車セキュリティ市場ー予測2022ー2031年」新レポートを 2021年12月22日に発刊しました。この調査には、自動運転車セキュリティ市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-107264

自動運転車セキュリティ市場は、2022年に118.9億米ドルの市場価値から、2031年までに356.2億米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に14.7%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-self-driving-car-security-market/366

世界の自動車産業は、可処分所得の増加や都市化などにより急速に成長しています。自動運転車セキュリティソリューションは、商用車と乗用車のセグメントで接続された自動運転車の需要が高まっているため、世界中で需要が高まっています。完全自動運転車は、このセグメントの開発が進んでいるため、車両セキュリティソリューションの主要な消費者になることも期待されています。

自律型およびコネクテッドカーはサイバー攻撃に対して脆弱であり、セキュリティソリューションに対する認識が低下しているため、車両のハッキングや盗難の数が増加しています。先進国の政府は、サイバー脅威を克服するために車両のセキュリティ規制を策定しました。したがって、企業は車載、クラウド、およびネットワークベースのセキュリティシステムを開発することが義務付けられています。これらの要因は、予測期間中に自動運転車セキュリティ市場の成長に貢献しています。

自動運転車セキュリティ市場セグメント

自動運転車セキュリティ市場は、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車、完全自動運転車)、セキュリティタイプ別(アプリケーションセキュリティ、ネットワークセキュリティ、ワイヤレスセキュリティ、クラウドセキュリティなど)、サービス別(コンサルティングサービス、統合サービス、メンテナンスなど)、ソリューションタイプ別(IDおよびアクセス管理(IAM)、統合脅威管理、IDS / IPS、リスクおよび脆弱性管理、DDoS軽減、マルウェア対策、データ損失防止(DLP)など)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

車両タイプに基づいて、自動運転車セキュリティ市場は乗用車、小型商用車、大型商用車、および完全自動運転車に分割されます。乗用車セグメントは、自動運転車セキュリティ市場で大幅に成長すると予想されます。乗用車は、地域全体で接続された自動運転車の使用が増加しているため、より多くのセキュリティソリューションを採用しています。これがこのセグメントの成長を後押ししています。また、スマートシティでコネクテッドモビリティソリューションを開発するための政府による投資の増加は、自動運転車セキュリティ市場の成長を促進すると予想されます。

自動運転車セキュリティ市場の地域概要

自動運転車セキュリティ市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

2016年、南北アメリカとヨーロッパは自動運転車セキュリティソリューションの主要な採用者でした。しかし、APACは、予測期間中に自動運転車セキュリティソリューションの主要な採用者になります。これは、中国、日本、インド、韓国などの国々で自動車セクターが発展していることに起因しています。

自動運転車セキュリティ市場の主要なキープレーヤー

自動運転車セキュリティ市場の主要なキープレーヤーには、Toyota、Siemens、Cisco、Ford、Robert Bosch、Argus Cyber​​ Security、Arilou Cyber​​ Security、ESCRYPT-Embedded Security、Karamba Security、Secunet Security Networks AGなどがあります。この調査には、自動運転車セキュリティ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!