1. HOME
  2. ブログ
  3. サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2021年7月~9月)を公開

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2021年7月~9月)を公開

NTTデータは、2021年7月から9月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開した。

■レポート概要
NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWebサイト、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査している。このレポートは、サイバーセキュリティ動向の変化を捉えるため、四半期ごとに作成しており、今回は2021年7月から9月の調査結果をまとめたものを公開している。

■今回公開されたレポート内容
この四半期におけるグローバル動向として、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会期間中のサイバー攻撃の動向調査、対策が進んでおらず、悪用による被害報告が続いているFortiGateの脆弱性(CVE-2018-13379)、iPhoneの「BlastDoor」も回避するゼロクリック攻撃などが取り上げられている。これらに関する事例の解説・分析や分野別動向、セキュリティに関する出来事をタイムラインにまとめられている。また、この四半期を踏まえた今後のサイバーセキュリティ動向についても予測されている。

■レポート目次
1. エグゼグティブサマリー
2. 注目トピック
3. 情報漏えい
4. 脆弱性
5. マルウェア・ランサムウェア
6. 予測
7. タイムライン

■レポート掲載URL
以下URLからレポートをダウンロード可能です。
「グローバルセキュリティ動向四半期レポート(2021年度第2四半期)」
https://prtimes.jp/a/?f=d16308-20220118-cee5d032e82608ec502f20d4bb13e5ce.pdf

■今後について
次回は2022年3月頃に、2021年度第3四半期(2021年10月から12月)のレポートを公開する予定としている。

関連記事

今年も開催JAPANSucuritySummit 2022
サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!