1. HOME
  2. article
  3. リモートワーク勤務中の置き忘れ・紛失経験者は52.2% 会社への報告をおこなったのはわずか13%のみ

リモートワーク勤務中の置き忘れ・紛失経験者は52.2% 会社への報告をおこなったのはわずか13%のみ

MAMORIO株式会社(以下MAMORIO社)はコロナ禍の中で広く定着したリモートワーク勤務中における置き忘れや紛失の実態調査のため、20代~60代の男女男200名を対象に、インターネット調査にてアンケート調査を行い、結果を公表した。

【調査サマリー】

  1. リモートワーク経験者のうち52.2%がリモートワーク中に業務に関する物品の置き忘れ・紛失を経験
  2. リモートワーク中の置き忘れ・紛失を経験したうち 7.4%が紛失物を発見できず。
  3. リモートワーク中の紛失事故を会社へ報告した割合は13%にとどまる。

 当調査の結果 リモートワークの普及によって、オフィス外での様々な場所での仕事が一般化する中で普段のオフィスと異なる業務環境の中でUSBメモリやスマートフォンや書類などの業務で使う情報端末などを意図せず置き忘れ・紛失してしまっている実態がわかった。

●調査背景について
 NP日本ネットワーク協会が調査した「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」によると、企業で発生する情報セキュリティインシデントの発生原因について「紛失・置忘れ」が情報漏えいの発生原因の中でワースト1位というデータがある。コロナ禍で広く定着したワークスタイルであるリモートワークにおける働き方において、これら置き忘れや紛失の実態がどのように変化したかについて調査した。

●調査結果について

 今回の調査によりリモートワーク経験者のうち52.2%がリモートワーク中に業務に関する物品の置き忘れ・紛失を経験していることがわかった。紛失事故を会社へ報告した割合は13%にとどまっており、87%は報告をしていないと回答した。また、リモートワーク中の置き忘れ・紛失を経験した人のうち7.4%が紛失物を発見できず、見つからなかったと回答している。

調査方法:インターネット調査
調査対象:20代~60代の全国の男女 200名
調査実施日:2022年6月17日~20日
調査主体:MAMORIO株式会社

また今回のアンケート調査で寄せられたリモートワーク中の置き忘れや紛失事故の詳細については次のような声があがっている。

アンケート調査の結果、コロナ禍でのリモートワークの普及によりコワーキングスペースやネットカフェやホテル等でのオフィス外での様々な場所での仕事が一般化し、普段のオフィスと異なる業務環境の中でUSBメモリやスマートフォンや書類などの業務で使う情報端末などを意図せず置き忘れ・紛失してしまっている状況が多発している実態がわかった。

●浮かび上がる「シャドー紛失」の実態

 企業において情報システム部門などが関知せず、ユーザー部門が独自に導入したIT機器やシステム、クラウドサービスなどは実態が見えないことから「シャドーIT」と呼ばれている。こうしたIT機器やクラウドサービスは適切に管理されてないことが多く、企業においてのセキュリティ上のリスクとなっている。今回の調査では、企業においてリモートワーク中での紛失事故について、発生したにも関わらず適切に会社に報告した割合が13%に留まるなど、重大なセキュリティインシデントに繋がりかねない実態が浮き彫りとなった。オフィス以外での様々な場所での働き方を実現する新しいワークスタイルであるリモートワークが普及する中での置き忘れ・紛失発生時についての新たなルールや運用が企業にとって大切になってくると考えられる。

MAMORIOについて

 MAMORIOはBluetooth通信を用いてスマートフォンとMAMORIOとの距離を元に忘れ物の発生を検知し、スマートフォンで置き忘れ場所を確認、紛失防止ができる財布にも入れられる世界最小・最薄クラスの紛失防止タグである。置き忘れを検知し通知をして未然に置き忘れを防ぐ忘れ物通知や、AR技術を使って近くの物の場所を探したりするカメラで探す機能など、紛失を未然に防ぐ様々な機能に加えて、万が一の紛失時には全国のMAMORIOユーザーや全国700路線以上の公共交通機関と提携した国内最大級のクラウドネットワークで紛失物を発見する。

MAMORIO Bizについて

 MAMORIO BizはBluetoothを使った紛失防止タグ「MAMORIO」とスマートフォン、それらを一元管理するWEBコンソールなどを併用することで、企業・組織単位で所有する物品の管理と紛失防止を実現する法人向けの紛失防止IoTソリューションである。利用者の紛失を防止するだけでなく、管理コンソールを通じて企業が管理する物品の最新の位置情報、検知している端末、持出状況などの一覧が確認可能となっている。また共有備品の持ち出しの処理や台帳の出力にも対応しており、企業の物品管理に関する様々な事務作業を軽減する。

関連記事

サイバーセキュリティの課題をテーマ別に紹介中!!